盆踊りは技のデパート

盆踊りは技のデパート

盆踊りは技のデパート

盆踊りの基本『どどんがどん』、これができればある程度は形になります。

この後に縁を『タカタッタ』と叩ければ、もう立派な太鼓叩きです。

トリッキーな箇所がなければ、これで一曲叩ききれるはずです。

四拍子が叩ければ、盆踊りはもう大丈夫。

堂々と叩きましょう。

あとはこの『どどんがどん』のところを『どん、どどん』にしたり、『どどん、タッ、どどん』と間に縁を入れてみたり、と技のレパートリーを増やしていきます。

スポンサーリンク

四拍子を二つ、三つと合わせて長い技を入れたりもできます。

印象的なフレーズや、歌詞に合わせて叩くのもいいでしょう。

盆踊りの太鼓は、リズムに合っていれば、どう叩いてもいいのです。

叩き方に流派はありません。

その地域の叩き方などはありますが、皆が思い思いに叩いているのです。

ですから、誰かが叩いていたかっこいい叩き方などを参考にしてみましょう。

それを真似してもいいですし、そこから自分流の叩き方も編み出せます。

ちゃんと曲に収まっていれば、どう叩こうと自由なのですから。

ただし、盆踊りは踊りがあって成り立ちます。

つまり、踊りづらい太鼓はダメなのです。

技に溺れて目立とうとするのではなく、踊りやすさも考えて技を入れましょう。

そうすれば踊っている人も、聞いている人も、見ている人も気持ちの良い太鼓が叩けるはずです。

スポンサーリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional