盆踊りはあくまで踊りが主役

盆踊りはあくまで踊りが主役

盆踊りはあくまで踊りが主役

盆踊りを叩いていると、気持ちよくなってきて、音が大きくなりすぎたり早くなってしまったりすることがあります。

技を入れたりしていると、それに夢中になってしまい、ついつい前のめりの太鼓になってしまいます。

気持ちよくなるのはわかりますが、太鼓が前に出過ぎてはいけません。

本来、太鼓は主役ではありません。

主役は曲であり、踊りです。太鼓はそれを盛り上げるもの。

良い太鼓というのは、踊りやすい太鼓です。

スポンサーリンク

ちゃんとリズムに乗っている太鼓。

曲が聞きやすい、曲に合っている太鼓。

そういうものが良い盆踊りの太鼓なのです。

ですからいくら技がかっこよくても、踊れないものはあまり良くありません。

『どどんがどん』だけでも、踊りやすければ良い太鼓と言えるでしょう。

曲や踊りを無視してしまうと、自己満足だけの太鼓となってしまい、踊れないものになってしまうのです。

上手い下手というよりも、気持ちよく踊ってもらおうという気持ちです。

それがあれば、始めたばかりでも良い太鼓が叩けるはずです。

聞き惚れる太鼓よりも、つい踊ってしまう太鼓が良いのです。

『上手い太鼓』よりも『踊れる太鼓』『踊ってしまう太鼓』を目指しましょう。

スポンサーリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional