和太鼓を静かに練習したいときは?

和太鼓を静かに練習したいときは?

和太鼓を静かに練習したいときは?

太鼓を思いっきり叩けるのは、防音設備が整ったスタジオや発表の場ぐらいしかありません。

いくら手元に太鼓があったとしても、叩く場所は限られてしまいます。

スタジオを借りるにしてもお金が必要となり、そう毎日借りるわけにはいきません。

しかし、練習は必要です。

上達するには叩くことが一番なのです。

練習したいけど、なかなか音を出す場所がない、と悩んでいる人は多くいます。

スポンサーリンク

よく聞く練習法は、本や枕、段ボールなどを太鼓に見立てて叩く方法です。

これならば音は響かずに済みます。

ただ、枕を破ってしまうことも。

思いっきり叩くのなら、厚手の雑誌などがいいでしょう。

それでも、やはり本物の太鼓を叩きたいと思うかもしれません。

実際に太鼓を持っていたり、団体で練習したいけれどスタジオが取れなかったりすれば、叩きたい気持ちがうずいてきます。

太鼓に毛布を被せて叩く方法もあります。

ただ、これも毛布の毛が舞ってしまったりして、毛布もダメになってしまうのでお勧めできません。

そんな人には、消音パッドがいいでしょう。

消音パッドとは、太鼓の皮の上に乗せれば、音が響かなくなるものです。

実際の音も出ませんが、太鼓を叩いている気分も味わえ、練習になるはずです。

ただこの和太鼓専用の消音パッドは、数万円と結構値が張ります。

ドラム用のものの方が安いので、それを切ったり工夫して使っている人もいるようです。

近所迷惑にならないよう、静かに和太鼓を叩きましょう。

スポンサーリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional