和太鼓は体を使って全身で叩く!

和太鼓は体を使って全身で叩く!

和太鼓は体を使って全身で叩く!

和太鼓を叩くとき、どこの筋肉を使うでしょうか?

もちろん、腕は使います。

しかし、腕だけだしか使わないと、良い音は出ません。

遠くで聞いているとわかるのですが、音が軽く感じてしまうのです。

敢えて軽い音を出したいのならともかく、太鼓の魅力は低く響く音です。

聞いている人が耳だけではなく、体で感じるような音が良い音なのです。

スポンサーリンク

では、どうしたらそんな音を出せるでしょうか?

それは、全身を使って叩くことです。

腕だけではなく、体重を乗せて体を使って叩くのです。

そうすれば良い音が出るはずです。

野球でも良い球を投げるピッチャーは、下半身を使って投げています。

そうすることで、指先に力が乗って良い球が放たれるのです。

それと同じです。

良い音の太鼓を叩いている人は、必ず全身を使って叩いているでしょう。

大事なのは下半身、そして腰です。

重心を低く下ろし、腰を使って体重をバチに乗せます。

そうすれば重く良い音が鳴るはずです。

それを意識して叩くと、叩き終わった後に疲れが足に来るでしょう。

腕だけではなく、太ももも筋肉痛になるかもしれません。

それが正しい太鼓の叩き方なのです。

良い音を出したいなら、下半身も鍛えなくてはいけません。

和太鼓は全身運動なのです。

スポンサーリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional