和太鼓はリズムが一番!

和太鼓はリズムが一番!

和太鼓はリズムが一番!

和太鼓を叩くのに、一番大事なものは何でしょうか?

それは、リズムです。

太鼓には、音階がありません。

張ってある皮を叩いても、強弱はありますが同じ音しか出ないのです。

縁を叩く音を入れても、音の種類は二つだけです。

それだけ単純な楽器なのです。

創作和太鼓などで集団で叩く際は、大きさの異なる音階の違う太鼓がいくつかありますが、それでも一人で叩くのは基本的には一つの太鼓です。

スポンサーリンク

そのため、そこまで複雑な叩き方はありません。

リズムが大事なのは、どんな楽器でも同じです。

そんな中でも、太鼓は音階ではなくリズムに合わせることが、より必要になってくるのです。

リズムのとれていない太鼓は、聞くに堪えられません。

太鼓の音はどんな楽器よりもしっかりと響き、リズムを作り出す役割を担っているのです。

楽曲を一本の木とすると、太鼓の音は太く支える幹です。

そして他の楽器が枝となって一本の木になっているのです。

幹がしっかりしていないと、木もダメになってしまいます。

太鼓の音はそれだけ重要なのです。

それも考えて、リズムを感じて叩きましょう。

太鼓の音が楽曲を支えているのですから。

スポンサーリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional