『残心』で見た目も美しく!

『残心』で見た目も美しく!

『残心』で見た目も美しく!

祭で太鼓はやぐらの上にいます。

つまり、一番目立つところです。

音だけではなく、その見た目も注目されるのです。

叩いているとき、ダラダラと叩いていると、ちょっとカッコ悪いですよね。

その姿も見られていることを意識しましょう。

まず足を開き、腰を落として重心を低くします。

スポンサーリンク

そして叩いた後のバチの先まで意識をして叩きます。

そうすれば、見た目が美しくなります。

叩くところで終わりではなく、叩き終わって次の動作に移るまでが一連の動作なのです。

武道や芸事では昔から『残心』という言葉があります。

これは技を決めた後でもすぐに気を抜いたりするのではなく、その後の余韻を残したり注意を払ったりすることです。

弓道なら矢を射終わった後の姿勢や動作を指し、その残心が所作の美しさに繋がります。

和太鼓でも同じで、残心を心掛けましょう。

また、叩く動きを大きくするだけで、かっこよく見えるものです。

見た目の派手な技もあります。

バチ同士を頭上で叩いたり、バチを回す、自らが回転する、なんてものもあるのです。

音には直接関係ありませんが、パフォーマンスにもこだわりましょう。

もちろん、見た目だけにこだわりすぎて、太鼓の音がおろそかにならないようにしなくてはいけません。

そういう点では、こういったパフォーマンスは上級者向きと言えるでしょう。

スポンサーリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional